飯能ルーテル教会は、皆さまのお越しを心より歓迎します。
日曜日の朝のひとときに聖書の御言葉に耳を傾け、祈り、感謝の讃美を捧げて、主イエス様とともに歩み始めてみませんか! 

わたしたちは、新約聖書の伝統に立ち、中世の教会が聖書の信仰から離れていたとき、宗教改革の炎をもって立ち上がった
マルティン・ルター(1483-1546)の宗教改革によって再発見された福音の教えの上に立つ教会です。
ルターは、「聖書のみ、信仰のみ、恵みのみ」を掲げ、命をかけての強い思いで腐敗した中世の教会と闘いながら、
しかし、その時まで継承されてきた教会の伝統を生かし、礼拝の儀式、音楽、聖礼典を大切にすることを
通して模範的な信仰共同体を形成しました。
わたしたちは、新約・旧約聖書を信仰と生活の第一規範とし、使徒信条、ニケア信条、アタナシオ信条、アウグスブルク信条、
同弁証論、大・小教理問答、シェマルカルド信条、和協信条を第二の規範として告白します。
(日本ルーテル教団ホームページ ”about us” より引用)

主日礼拝

教会活動の中心となっています。
毎週神様からいただく御言葉を大切にし、その御言葉を頼り、喜びとやすらぎを与えられ、日々新しくされて歩んでいます。

朝の礼拝

英語バイブルスタディー